ホテル フロント担当

荘 恵茹さん(2016年 中途入社)

ホテル関西

台湾出身、2016年にホテル関西のスタッフに着任。
フロント業務を中心に、中国語での顧客問い合わせや公式ソーシャルメディアの運営も担当。
グループホールディングスでの人事交流研修では、グループ広報担当としてニュースメールの配信やメディア取材も経験。観光部門のプロジェクト委員も務めるなど、マルチスキルが頼もしいスタッフ。

日本の風景、サブカルチャーが大好き

初めて日本を訪れたのは、高校生の頃。兄の社員旅行に同行した北海道でした。広大な北海道の風景は圧巻で、いずれは日本で暮らしたい、と決めたのもこの時ですね。私は元々日本のマンガが大好きで、『GTO』など日本語の勉強にもなるのでよく読んでいました。お笑いも好きです。
日本で暮らしている今も、あまり台湾には帰国せず(笑)ずっと日本にいます。年に一度、長い休暇をいただいて、家族と日本国内を旅行するのですが、旅行先で出会う日本の四季折々の風景はとてもすばらしく、スマートフォンで動画をたくさん撮影します。まだまだ行ったことのない地域もたくさんありますので、これからも日本の旅行を楽しみたいと思います。

 

ゲストハウスでのアルバイトで世界中の人と交流。

台湾の大学を卒業してからは、ワーキングホリデーで度々来日し、熊本や東京でアルバイトをしながら、日本での仕事を探していました。東京のゲストハウスで働いた時に世界中の色々な国の人と交流した経験がとても楽しく、母国語である中国語を活かすこともできるので、自然に観光業の仕事をめざすことになりました。

 

中国語でのコミュニケーションを一手に。

ホテル関西のスタッフとなったのは2016年です。ホテル関西は中国からのお客さまが多く利用されますので、私は中国語が話せるスタッフとして、フロントコミュニケーションは一手にお任せいただいています。その他、メッセンジャーやメールなどで世界各国から中国語でのお問い合わせもいただきますので、こちらもスピーディーに対応することを心がけています。
2年前からホテル関西のFacebookページの運用も担当しています。宿泊プランや朝食メニューの案内や、大阪の観光情報などを投稿していますが、全スタッフに協力をいただき、投稿するトピックを決めるようにしています。

 

フロント業務からホテル全体の業務に幅を拡げたい。

2018年にはグループホールディングスにて、人事交流研修の機会をいただきました。それまでは自分の勤務するホテルの業務しか意識しませんでしたが、ノブレスグループ全体の事業、観光部門の他の拠点の活動や状況が理解でき、仕事の視野が拡がりました。
また研修中はグループ広報担当として、従業員の皆さんに定期的に配信するニュースメールの原稿を作成したり、グループ内の行事の撮影や、テレビ番組の取材対応なども担当しました。ホテル関西の広報業務にもつながるスキルアップができたと思います。企画書や提案書の書き方も研修中に修得できました。
ホテル関西で勤務して4年。現在はフロント業務が中心ですが、今後は宿泊プランの企画や予約など、ホテル全体の業務に関わることができれば、と考えています。また、同じ台湾出身のスタッフが簿記3級を取得したことにも刺激を受け、私も資格取得にチャレンジしたいと思います。