【ノブレスグループ ステークホルダーの皆さまへ】2020年年頭所感

お知らせ

2020年01月01日


ノブレスグループ ステークホルダーの皆さまへ

 

明けましておめでとうございます。
旧年中は、当グループに対し、ご指導・ご鞭撻をいただきありがとうございます。
また、当グループの取り組みについてご理解いただき、心より御礼申し上げます。
本年も変わらずお力添えをいただきたく、お願い申し上げます。

 

Think Globally,Act Locally ~地球規模で考えて、地域で働く~

 

ノブレスグループは、これを経営理念としてこの20数年、物流業や観光業また不動産事業を通じて地域に貢献することに取り組んでまいりました。地元の奈良教育大学の皆さまから、ESD(Education+SDGs)についてご指導いただけるありがたい環境にもありました。

いま、日本の環境省はSDGsの実践理念として「Think Globally,Act Locally ~地球規模で考えて、地域で働く~」ことを掲げています。

 

地球環境を守り、持続維持可能な社会を作っていくためには、様々なかつ地道な取り組みが必要です。それは人類がこの地球で生き続けるための努力を営々と続けていくことでもあります。このことに気付かせていただけたことで、本当にすばらしい環境の中で事業ができているのだと、改めて感謝しております。

 

国連で掲げられているのは「17のゴール・169のターゲット・232のインジケーター」という膨大な数の指標となっています。まずは、明日の未来のため、次世代を生きる人たちの生活を守るために、できることから、私たちが取り組むべきことから、僅かながらでもゴールに近づけていきたいと願っております。

 

さらに、本年はオリンピック・イヤーでもあります。
オリンピックは古代ギリシャの祭典でしたが、オリンポスの神々に対して最高のパフォーマンスをささげてきました。今もその精神に変わりなく、世界の人々に最高のパフォーマンスを見せてくれます。
日本には世界各地から大勢の方々がお見えになります。
スポーツを通じた国際親善の場として日本は手を上げ、スポーツ精神に則るエールの交換を世界に発信します。
そして、オリンピックの訪日客以上に大きく世界から人が訪れるのは万博です。
5年後、大阪・関西で行われます。

大きなテーマが私たちの前に広がっています。

 

私たちはいいチームでありたい。いい仲間のいる楽しい社会をめざしたい。
今年のオリンピック・イヤーにおいて、様々な仲間と日本を応援していきたいと思います。
仲間と過ごす時間が楽しくなる、仲間を大切にする。そのような社会をめざしていきたいと思います。

 

ノブレスグループは2020年もがんばってまいります。
ご支援よろしくお願いします。

2020年1月1日

ノブレスグループ 代表

川井 徳子

ニュース