歴史・沿革

1966年 (昭和41年)
新日本開発株式会社設立(現・新日本輸送株式会社)
1973年 (昭和48年)
新日本輸送株式会社設立 (現・新日本輸送株式会社)
1976年 (昭和51年)
新日本輸送郡山支店開設 (新日本輸送株式会社)
1978年 (昭和53年)
JVにて三条池の開発に着手 (新日本輸送株式会社)
1994年 (平成6年)
新日本輸送株式会社、 新日本開発株式会社合併
本社所在地を郡山支店に移転 (新日本輸送株式会社)
1998年 (平成10年)
有限会社ノブレス設立 (現・株式会社ノブレス)
1999年 (平成11年)
クレセール杉ヶ町マンション建設 (新日本輸送株式会社)
2000年 (平成12年)
有限会社ワールド・ヘリテイジ設立 (現・株式会社ワールド・ヘリテイジ)
ホテルアジール・奈良 グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2003年 (平成15年)
ワールド・ヘリテイジを株式会社に組織変更
安全性優良事業所として認定(Gマーク)を受ける (新日本輸送株式会社)
なら和み館 グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2004年 (平成16年)
メディカル学園前建設 (新日本輸送株式会社)
2005年 (平成17年)
ホテルアジール・奈良アネックス グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2006年 (平成18年)
新日本輸送伊賀営業所開設(現・名張営業所)
株式会社ノブレス・セントラル設立
株式会社クーデザイン設立
スターレ奈良建設 (新日本輸送株式会社)
ISO9001取得 (新日本輸送株式会社)
2008年 (平成20年)
「PicaPica(ピカピカ)」(スペイン料理)グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2009年 (平成21年)
京都・何有荘 クリスティーズにて米・オラクルが落札 (株式会社ノブレス)
2010年 (平成22年)
産業廃棄物収集運搬業許可 (新日本輸送株式会社)
2011年 (平成23年)
ノブレスグループとしてアイデンティティを制定
きょうと和み館 グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
平城京和み館 グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
ホテルアジール・奈良が「ミシュランガイド京都・奈良・神戸・奈良2012」にて、ホテルとして2つのパビリオンマークを獲得 (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
ノブレスグループ代表 川井徳子が、東洋経済新報社より『不動産は「物語力」で再生する』を出版
2012年(平成24年)
ノブレスグループとして連結決算を開始
ホテルアジール・奈良が奈良県実施の「奈良のお宿自慢」表彰で「建物・お部屋自慢の宿」の部門大賞に選出(株式会社ワールド・ヘリテイジ)
ホテルアジール・奈良が「ミシュランガイド京都 大阪 神戸 奈良 2013」にて2年連続ホテルとして2パビリオンを獲得(株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2013年(平成25年)
名張市にてメガソーラー発電事業に新規参入(新日本輸送株式会社)
「Public house(パブリックハウス)」(ビアパブ)グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2014年(平成26年)
郡山本社がGマーク認定(更新)、名張営業所が新規認定(新日本輸送株式会社)
名張営業所を取得し改修工事を実施
2015年(平成27年)
奈良県「社員・シャイン職場づくり推進企業」 に登録(株式会社ノブレス・セントラル)
「Second Avenue(セカンド アベニュー )」(フランス料理)グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)
2016年(平成28年)
ホテルソビアル 大阪 ドーム前 グランドオープン(株式会社ホテル関西)
郡山本社が新倉庫竣工(新日本輸送株式会社)
2017年(平成29年)
うぶすなの郷 TOMIMOTO グランドオープン (株式会社ワールド・ヘリテイジ)

ノブレスグループについて